小児一般/アレルギー/予防接種/乳児健診
ながやま小児科アレルギークリニック
診療内容
小児一般
アレルギー
予防接種
乳児健診

小児一般


小児一般

感染症やこどもにあらわれるさまざまな症状の相談に対応します。
感染症等では、こどもの症状やサインを適格に評価し、一刻も早くこどもが楽になれるように、必要な検査・処置・治療を行います。
検査の希望があれば、相談に応じます。入院の必要がある場合や精密な検査が必要な時は、県病院・医大病院・生協病院等にすみやかに紹介致します。
また、抗生剤の使用に関しては、適正使用をこころがけております。

抗菌薬適正使用に関する日本小児科学会の考え方

こどもは、夜間や休日に急病になることがあります。
以下のサイトを参考にして、受診が必要かをチェックしてください。
こどもは急変する場合が稀にありますので、保護者の方々はその変化を見逃すことのないよう、観察をよろしくお願い致します。
迷った場合は、『♯8000』という電話サービスもあります。

急病の場合はこちら

#8000について

今週の当番医

【漢方のおはなし】
●板藍根について
〈商品名:板藍茶・板藍飴〉※保険は適用されません。
風邪はウイルスなので、ウイルスに効く一般薬はありません。 自然の免疫力によってのみ風邪は治るのです。板藍根には以下の作用があります。

1 ウイルスをやっつける効果
2 細菌をやっつける効果
3 炎症をおさえ、熱をさます効果
4 免疫力をアップする効果
5 肝機能の保護作用
6 子宮収縮作用(妊娠中の方は使えません。)
ウイルス

●天津感冒片について
板濫根とほぼ同じ効果があります。

1 ウイルスをやっつける効果
2 細菌をやっつける効果
3 炎症をおさえ、熱をさます効果

●五苓散について
胃腸炎をなおす作用があります。 嘔吐を繰り返す場合、肛門から注腸するとかなり有効です。
ご希望があれば説明しますので、ご相談ください。

アレルギーについて


予防接種

【なぜアレルギーになるのか】
喘息やアトピー・鼻炎などを起こすのは、攻撃的なアレルギーシステムです。
健康な人では、このシステムは、ほとんど働いてないため一生健康です。
皮膚に湿疹ができたり、風邪をひいて咳・鼻などの症状が長く続いてくると皮膚粘膜が刺激を受けて、アレルギー細胞系(軍隊)にスイッチが入り、体中に増えてきます。その結果、だんだんと皮膚や粘膜はダメージをうけ喘息・アトピー・鼻炎などの症状が悪化してくるのです。治療としては、内服薬やぬりぐすり・吸入・点鼻薬などでアレルギー細胞系の攻撃をやわらげます。そうすると、皮膚や粘膜にもともとある自然のなおるちからが働いてなおっていきます。皮膚や粘膜のいい状態が続いていると外側からの刺戟がなくなりアレルギー細胞系はおちついてきます。そして健康な体にもどっていくのです。

ダメージを受けた皮膚や粘膜からは、さまざまな食物やダニ・花粉などが侵入します。
それらの侵入を感知したアレルギー細胞は、食物やダニなどの専属の軍隊をつくっていきます。
その期間が長ければ長いほどアレルギーのリスクは高まります。そうならないように、アレルギーの治療はできるだけ早期に介入し、アレルギー細胞を増やさないようにすることが目的になります。

治療開始時期が早いほど、アレルギーにはならないと最近の研究結果も出ております。
是非、早期にご相談ください。詳しい説明は、受診して頂いた時に行います。

アレルギーの診療は、基本的にアレルギー学会のガイドラインに従って行っております。

【食物アレルギー】
以前は食物除去が治療の中心でしたが、最近は、食べて慣らさせる治療に変わっております。やり方を詳しく説明いたします。

【アレルギー検査】
必要に応じて、またご希望に応じて血液検査・皮膚テスト・負荷試験・呼吸機能検査等を行います。

以下のサイトもご参考ください。

アレルギー学会

アトピーについていっしょに考えましょう

予防接種について


予防接種

【ワクチンの必要性】

感染症には、命を失ったり 後遺症により一生苦しむことのある重大な感染症があります。
そういうウイルスや細菌から自分を守ったり、自分が感染して他の人たちにうつしたりしないように予防接種をします。予防接種による障害の確率はゼロに近いと思いますが、こういう恐ろしい感染症で命を失ったりするリスクはあります。
できる予防は確実に進めていくことをおすすめします。

下記のサイトを参考にしてください。

ワクチンで防げる病気

接種は、2か月から始めるのがベストです。
予防接種の計画をたてますので、計画に従ってすすめていきましょう。予防接種専用待合室を用意しておりますので、通常診療時間内でも安心して待合を利用できます。
※予防接種専用時間は、設定しておりません。

以下は日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールと予防接種スケジューラーアプリのご案内です。

予防接種スケジュール

予防接種スケジュール

【接種時必要なもの】

親子健康手帳(母子手帳)つぐみセット含む
※初めての受診や月で初めての受診の場合は保険証が必要です。

【接種料金】

定期接種 無料
任意接種
ロタリックス  ※定期接種は無料
(補助なしの場合 16,000円)
ロタテック  ※定期接種は無料
(補助なしの場合 11,000円)
おたふくワクチン  3,100円
(補助なしの場合  5,400円)
水痘ワクチン 10,200円
※定期接種は無料
麻疹風疹混合ワクチン
11,000円(1~5歳)
9,800円(6歳以上)
※定期接種は無料
麻疹ワクチン
6,200円(6歳未満 6,000円)
風疹ワクチン
6,200円(3歳未満 6,000円)
B型肝炎ワクチン 7,700円
※定期接種は無料
三種混合ワクチン 4,900円
(宮崎市/国富/綾在住の年長児は3,600円)
子宮頸がんワクチン(ガーダシル)
16,380円

※全て税込価格です。
※県外市外の方の接種料金は異なりますので、直接お電話ください。
※他のワクチンについては、お電話でご確認ください。
※インフルエンザワクチン接種と1歳未満の日本脳炎ワクチン接種を希望の方はインターネット予約ではなく、お電話にてご予約ください。

乳児健診について


乳児健診

お子様の発達・発育をチェックします。順調であれば問題ありませんが、子育てをしていく中で、不安や心配、気になることが何かしらあるかと思います。
当院での乳児健診は育児相談の場でもありますので、ご遠慮なくお尋ねください。

専用待合室をご用意しておりますので、通常診療時間でも安心して待合を利用できます。

▼健診予防接種専用待合室
専用待合室

【担当医】

副院長が主に担当しますが、ご希望があれば院長も行いますので、お申し出ください。

【健診に必要なもの】

親子健康手帳(母子手帳)つぐみセット含む
※初めての受診や月で初めての受診の場合は保険証が必要です。

※お電話にてご予約ください。ネット予約はできません。

©copyright Nagayama Pediatric Allergy Clinic.
All Rights Reserved.

PAGE TOP